FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

CIELO-SERENO

  : 

Vita quotidiana.

フライがお好き 

わーーー久しぶりにしんどいぞーーーー

わーーーって叫びたいけどそんな場所もなく

赤裸々に悩みを打ち明けるような友達もなく

いつもの飲み屋は定休日

わーーーーーーむりーーーーーーーー

はあ嫌だねまったく

なんやねん。なんやねんなんやねん。どーーにもならん。

まあそんな日もあるよね。

悪いことはいくらでも飲み込みながら生きてきたけど、ただ自分の人生が否定されるだけのこの機会ほど飲み込みづらいものはない。

咀嚼なんてできない。歯がぼろぼろだ。

明日起きたら10年くらい経ってればいいのに。

こんなゴミみたいなこと書けるブログ最高か。

バードマン、いい映画だったかもなあ。

おやすみ世界。
スポンサーサイト
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

かぷりっちょ 

間違って30歳になってしまった。
こんなにも無駄に長く生きるつもりはなかったのよ。
ああ失敗失敗。

今日を生きたくて生きたくて生きたくて死んでいった誰かに譲りたいくらいだよ。
それはもう死んだように生きる毎日だからね。無駄よ無駄。

そんなわけで今日も生きている。確信はないけれど多分明日も生きている。

どうせ生きるなら女の人のお尻に顔を埋めて生きたいな~。あ~らよいよい。

歳を重ねるたびに我が人生を憂う我が人生。人臭い。あ~らよいよい。

最近もまだ映画をよく観る。
映画はいいよ。現実逃避だ現実逃避。

でもあたしってばお馬鹿さんだから邦画しか観られないの。
外国人の脳みそワカリマセン。


あ。
そういえばなんか女の子に部屋に連れ込まれたんだよなあ。
生きてるとそんなこともあるんだなあ。
なんか勢いでチューしてイチャイチャしたけど全然好きじゃないんだよなあ。
自分のことなんてなにもわからないけど、ちょっとだけわかるとしたら好きじゃない女には欲情しないということなのよね。
でもあの子は私のことが好きみたい。
腐って生きてるのに人に好かれるとは。
ははー。ダサい。


あ。
アル中になりそう。


日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

しきくう 

たぶんきっとすぐに丸っと飲み込んでバチバチと脳みその栄養になると思っていた事柄が、思いのほか噛みづらくて、でもきっとそれは朝だからだろうと思って考えるのをやめた。

いつも通りの一日を過ごした帰り道に、咀嚼できなかったそれが急に全部繋がって、やっぱり私は頭がいいんじゃないかと確信した。

思えばもっとすぐにそうなるはずだったのに、そうならなかったのはたぶんその結果が好ましくないものだったからかもしれない。

潜在意識とか気持ち悪いから好きじゃないんだけれど、初めてそれが機能した瞬間だったのかもしれない。

そして胃痛胸焼け。バカか。

そんなわけだからこんな日は映画を観る。
映画は心の栄養だよね。
心を動かすことから逃げるなってトヨエツも言ってたから。

いやー、しかし時間というのは本当に流れ続けるものだね。
全部が変わっていくね。怖いよ。
私といえば驚くほど不変で怖いよ。
住んでいる場所も着ているものも好きなものも嫌いなものもコップの中身も財布の中身も頭の中身も10年前と一緒よたぶん。
10年後も一緒かしら。怖いよ。

周りは全部変わっていくのにな。
私は変わらないものが好きだな。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

やきそばたべたい。からあげでもいい 

なんの根拠もありゃしないけれど、少なくとも昨日の夜、寝る前まではきっと明日はいい日になると思っていた。

それがどうだい、まさかいい日だったなんて言えたもんじゃない今日だ。

明日やらなければならないことも頭に浮かべていたし、天気も良かったし、睡眠も十分にとったし、うまくやろうという気持ちもあった。

思えば朝食がよくなかった。
食べたあとに、なんとなく食べなければよかったと思った。
些細な事だけど、あとは長い下り坂を転げ落ちるように。

ある一日を区切った時に、一つの失敗を持ち直せない。
その後のすべてが重く憂鬱である。

人間は失敗するものだ。
たとえ一日の中でも大なり小なり失敗をする。
そんなこと一つでその後の波を掴めなくなるなんて滑稽だ。

でもどんなに滑稽であろうとも持ち直せないものは持ち直せない。
失敗を許すのは迷惑をかけられたものだけだ。
失敗した人間が自分の失敗を許すことなんてあってはいけない。

失敗しない失敗しない。
少なくとも自分の波を保てるルールの上で失敗しない。

引き寄せろ引き寄せろ。
俺が悪けりゃ周りをどん底に落とせ。

うふふふふふ。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ちぇるしい 


勝手にふるえてろ
なんとか滑り込みで観てきた。
どうしようもなく松岡茉優が好きで、完全に不純な動機で観た映画だけれど、ちょっと本当にいい映画だった。
好きな映画として数えられるくらいによかった。

まずなによりも松岡茉優の演技力たるや、圧倒的である。
「桐島、部活やめるってよ」で初めてみたときにめちゃめちゃ演技に惹かれてからいくつも作品を観たけれど、この映画はそんな彼女の良さが全部出ちゃってる。
映画の構成もちょっと独特で面白い。

二が本当にイヤらしい。観始めたときはすごく嫌いになる。でも一番真っ直ぐで、時間が経つにつれて全部味になるのがすごい。
彼の言葉が銃弾みたいだ。柔らかくて思いやりがあるけど、正論過ぎて鋭くて気持ち悪い。でもやっぱり一番正しい。

内容はたぶん原作を読むともっといいと思うのだけれど、いわゆる根暗な人間には刺さる。
それがなにかは言語化しづらい。言語化しづらかったそれをまじまじと表現されてしまったから惹かれる。

思ったより自分の生活、生き方、人生に侵食してくる。
人を好きになるとか、人から好かれるってことは人生の本質かもしれない。それがないなら生きる意味がないのかもしれない。
人を好きになって、人に好きになってもらう。なんとなく私はそれを全て手からこぼれ落としたような気がする。深い。辛い。寒い。
恋愛映画のようでいて、人生訓のようだった。

まとめると、ちょっとしゃれにならないくらい松岡茉優がかわいい映画である。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ふきあれなさーいなーう。 

 
B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
B'zデビューから30年目のツアー、今回もなんとかチケットが取れたので行ってきた。
少し前に稲葉さんが喉のトラブルで演奏を中止するようなことがあって、これはちょっとどうにもならないんじゃないだろうかと思いながら行ったものの出だしの2曲で喉の調子がいいのが確認できて、どうしようもないくらい素晴らしい歌声で感動した。たぶん人造人間だ。
それとB'zでは初めてアリーナでの参加だった。そりゃそうなんだけど音響や映像が正面に向かっているからとても楽しめる。耳にバシバシ音圧が届いて気持ちよかった。
楽器隊でいうと、大賀くんと松本さんのハーモニーのクオリティがどんどん増していく。そしてそういうシーンも多い。これはつまり松本さんの大賀くんに対する信頼である。厚い。つまり熱い。B'zの一番近くにいるファン代表として頑張ってほしい、大賀くん。シェーンさんは天使。
あとはMC、うろ覚えだけど『ダイナソーというのは「恐竜」という意味のほかに「時代遅れ」という意味もあって、音楽を作るものとしては常に自分たちの音楽が古いだとか新しいだとかという評価に苛まれるけれど、自分たちはB'zとしてのスタイルで30年やってきたからそんなものに振り回されたりはしない。それでも表現の方法としてはいろいろなものにチャレンジしていく。これは妄想だけど、時代遅れといわれた恐竜だって地球のどっかでサバイブして未だに生きながらえてるかもしれない。そんなのかっこいいでしょう。B'zはこれからもガンガン突っ走っていく。そんな私達をこれからもよろしく。』という話をされていた。そしてその直後に演奏したStill Aliveで梨汁ブシャー。
97年にリリースされたSURVIVE(生き残る)、そのちょうど20年後の同じ日にリリースされたDINOSAUR(時代遅れ)、そこに収録されたStill Alive(まだ生きてる)、そして稲葉さんからの「まだまだやり続ける」というお言葉、ファンの勝手なストーリー仕立てだけれど全てが線で繋がっていく感じで脳みそがギュンギュン揺さぶられた。
いやー、ほんと最高だった。
きっと今年は30周年のLIVE-GYM Pleasureもあるはずだから、そっちもなんとか勝ち取りたい…!
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

へーせーさんじゅーねん 

やだなにその怖いタイトル。

どうも明けましておめでとうございます。

なんにもおめでたくないよバカヤロウ。
(破天荒)

今年は人間になりたいです。

あと欲の滅却が目標です。

よろしくどうぞ。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

since 05/21/2005